★お知らせ・3月の出張予定は新型コロナ自粛のためありません!
  予定していました、3月24日、25日の港区高齢プラザが休館のため出張はなく、治療院での診療は通常平日と同じ午前から受け付けてます。
平日診療は当日予約を受け付けていますが★祝祭日の診療は午後からなので、予約は前日まででお願いします☆
「このページは、港区,整体鍼灸指圧治療 健康維持、私と盲導犬日記です
初回受診前に、予約、お悩みの症状など、ご気軽に電話やメールでお問い合わせください、予約はメールでも受け付けてます
★キャッチセール迷惑電話防止のため、、電話をしますと、電話呼び出し音の前に、「通話は迷惑防止のため録音されます」とアナンウスが流れる場合もあり、、または
盲導犬と少し散歩に行っている時もあり、その場合は、私の携帯に転送されます。
 
筋は、縮む性質、しかも使わないと益々 堅くなり縮んでしまうし
 
自分で時々 伸ばさないと、凝りになってしまいますね。
 
座って仕事、作業をしていると、筋を縮めているので、腰から背中筋が縮まり、肩こりまでになってしまうし
自覚症状がなくても、かなり凝ってしまっていますよ。「苦笑」
 
運動するにも、体が気持ちについてこない、
気持ちに体がついてこない、
なんだか、どっちかどっちなんだか「笑い」
 
治療院での診療の合間に、毎月、何度か港区の各高齢プラザへ訪問治療に行ってますが
体に触れ、年々筋が縮まっていかれている高齢者の身体を触診してます。
 
もともと女性は、肩幅が狭く思われますが
年々、肩幅も狭くなってきているようで、背中も丸まってきやすいかな。
 
姿勢を気にして頑張って胸を開いている人がいますが、肩幅が狭めては あまり意味がなくなります、
逆に どちらかというと、肩幅を広げるようにしていると、顎が引け、自然に胸も張れます、
お腹も凹めて頑張っていたりしている人もいますが、こちらも、どちらかというと
お腹に力を入れるほうが姿勢はよくなります。
 
ストレッチや姿勢を気にして、筋を伸ばしているだけでは、筋力が落ちてしまうので、
筋力体操も必要になってきてしまいますね。
 
筋トレ、これが継続するのに、面倒というか継続が難しい「苦笑」
簡単な筋肉体操から、毎日 少しだけでも行えるのがよいですかね
 
うつぶせで寝て、上半身だけを持ち上げるように肩を上げて行き
手首が真っ直ぐに肩の下にくるように、ゆっくり肘を伸ばし数秒止めたら、ゆっくり戻してください、
 
次は、四つんばいになり、
一方だけの腕を持ち上げて頭の高さで前に伸ばして、
両膝と一方の腕だけで、四つんばいになり、そのまま
伸ばした腕と反対側の、足を腰の高さで膝を伸ばし持ち上げましょう。
四つんばいから、片腕と反対側になっている片足だけで、姿勢を維持していると
筋力もつきますし、体幹 インナーマッスルもついてきます。
 
上向きになり、自分のお腹を見るようにしながら、お腹に力をいててください。
後はラジオ体操をしていれば、かなり姿勢も整えられて、凝りも減っていきます、と思うので
それでも凝ってしまうときは、治療院に電話し、来院してください。
しっかりと もんで触診し、深い部位の凝りには細い鍼で整えましょう、
ストレスも解消され内臓や自律神経系も整えられ、スッキリするでしょ。「笑い」
 
10年前、15年前に指圧や鍼を初診で治療を受けられに来ていた人に比べ、
最近は、指圧やマッサージの強さが弱いほうが心地よい感覚になってきてますね、
 
昔はデスクワークでも帰りに歩いたり 買い物でショッピングして筋肉を使ってましたし
今は、近いコンビニやネットで買い物をするので、使わない筋の凝りだけになっているのでしょう。
 
鍼も細くなり、刺激も弱め、
でも患者さんは、「気持ちいいです」と言われるので
細い鍼で浅くしてます。
 
心地よい柔らかな指圧と鍼で、筋肉だけでなく、神経系ストレスも軽減できますし
内臓k的にも便秘や食いしん坊も軽減していきます、これがツボ療法です。

お時間 チャンスがありましたら、一度
港区 鍼灸で、首肩こり 更年期障害や体調不良をスッキリしましょう。

2020/03/24(火) 17:23